プラごみ分解実験を行いました。この実験の途中経過は毎月の活動の中で確かめていきます。
5月の活動は新型コロナ感染症の影響で中止となり、今回の6月の活動が第1回となりました。
第1回から、バスでの移動をして、海岸ごみの探索となりましたが、キッズの皆さんそして保護者の皆さんも積極的にかかわって頂きました。
これからの活動も楽しみです。
プラスチックごみについて、いろいろな側面から考えていきましょう!
この1,2年の松山市の海岸の様子をスライドで見ました。
 
 
各班に分かれて今日の活動を振り返りました。砂に含まれていたごみをじっくりと調べました。
 
よろしく お願いしますー
今年度のエコキッズのメンバーです。活発な楽しみなメンバ―です。
残念ながら、2名欠席です。
来月は全員そろうといいですね!
一見きれいな砂をすくって、その中にごみはないか調べました。
  
→発砲スチロールの小さな破片が見つかりました。
  
  
拾ったごみをブルーシートの上に広げ、どのようなものがあるか調べました。
→お菓子のプラ製袋、カキの養殖用のパイプ、ペットボトル・・・など
  
さあ、活動スタート、軍手をつけてごみ拾いスタート!
   
オリエンテーション 海岸プラスチックごみ探検
到着後、海岸でちょっと体を動かすゲームをしました。
6月27日(日)
「 2021 エコキッズ 」第1回